ヒートスリム42℃とは、なんと累計販売総数が5万枚を突破したという実績もうなずける、貼るだけの脂肪燃焼ダイエットパッチです。

 

貼るだけで部分痩せが出来るという商品ですが、ヒートスリム42℃の使い方についてまとめました。

ヒートスリム42℃はどんな商品?

ヒートスリム42℃とは、なんと累計販売総数が5万枚を突破したという実績もうなずける、貼るだけの脂肪燃焼ダイエットパッチです。

 

3週間毎日続けて貼るだけで日々感じるのがその効果で、パッチ本体が温かく(熱く)なるのでは無くあのトウガラシの果皮にある辛味成分で香辛料として使われる、わずか1ミリの練り込まれたカプサイシンの脂肪分解作用でエネルギーを熱に変え皮膚を通して直接脂肪をガンガン燃やし尽くしてくれていることが解ります。

 

その結果、脂肪が燃焼されてカプサイシンとの相乗効果で肌の潤いも保ち腹部のタルミを改善し引き締めてすっきりお腹に変身することができ、もう他人にお腹を見られた時にググッとお腹に力を入れて引く必要がなくなりました。

 

ヒートスリム42℃の主成分はカプサイシンですが、研究結果においてカプサイシンを吸収させた肌は代謝量が吸収前より75%も増加することが研究成果として発表されているのが貼るだけヒートスリム方式の脂肪燃焼ダイエットの ヒートスリム42℃です。

 

この温かさの秘密は、熱生成システム(パッチ自体が温まるのではなく辛味成分で香辛料として用いられる、わずか1ミリの練り込まれたカプサイシンが脂肪を分解して力を生んで熱を作っています。)で、ホッカイロや温熱湿布のように本体そのものが熱を発生するのではなくパッチに練り込まれたカプサイシンにより体内から熱を発生してゆき、徐々に温熱効果が現われ熱を発生するのです。

 

驚きの3週間カイロのように貼るだけでくびれが出来ますが、私は昼間働いているので、8時間の温熱持続効果を利用して就寝前におへそに合わせて貼りました。

 

待つこと数分でジワ~ッときましたホットする、まさに温かさが脂肪を燃やし尽くしてくれるカプサイシンの温熱効果が効いていると実感できる瞬間でした。

 

ヒートスリム42℃は、あの美容の本家、韓国で数多くの厳しい人体適応実験や厳格なテストを合格し特許を取得してきた商品です。

 

センセーショナルに国内発売を開始してからはテレビや女性雑誌(メンジョイ・ウーリス・フォーミー・モデルプレス・マイナビウーマンなどの各誌)でとりあげられたそうで話題騒然で大反響中の痩身エステケア商品です。

 

購入方法は、インターネットの公式サイトから簡単手続きで求めることができます。

 

この ヒートスリム42℃は、ドラッグストアなどの店頭販売において販売されていませんので インターネットからヒートスリム42℃と入力し検索をして公式通販サイトから購入することができます。

 

色々な特典やキャンペーンが用意されているので申し込みの前にはよく確かめてから上手にお得に申し込むことをおすすめします。

ヒートスリム42℃の使い方

ヒートスリム42℃の使い方は、いたって簡単で、私は昼間働いているので夜寝る前におへその上にピタッと貼って、あとは寝ている間にグングンダイエットをしています。

お腹の場合は、まず①台紙をはがしてからおへそを目印にしてお腹に②ピタッと張り付けましょう。

 

そして、両端をしっかり伸ばして腰のくびれ部分まで③張り付けるだけの簡単3ステップでできあがりです。

 

身体の中から温かくなるまで少しの間待ち、お腹のあたりがポカポカして温熱を肌に感じてきたら脂肪がメラメラと燃えて来た合図です。

 

使うタイミングは、生活のリズムに合わせてできるので普段の通りの生活リズムで過ごせます。

 

効果が8時間も持続するので朝起きた時に貼って一日過ごしても良く、寝る前に貼って朝の効果を期待するという方法もあり、使い方は工夫でいろいろです。

 

私の経験から、知っておいて損をしない使い方を伝授します。

 

冬場は隠れていた二の腕が夏になり薄着になると肌ももあらわに表れて人目に触れてしまいます。

 

ここで登場するのが、貼るだけの温熱パッチを用いたヒートスリム42℃です。

 

もちろん、いくら魔法のパッチでも、直ぐには改善しませんから最低3週間前から準備をして季節の変わり目に備えます。

 

ヒートスリム42℃の効果はお腹だけでなく二の腕や太もも、お尻など自身が気になるところに使うことができるので身体の痩せたいと思う部位に貼って使えます。

 

わずかに1ミリなのでピタットマッチして快適な、違和感なしの付け心地の貼り心地です。

 

万が一、かゆみや赤みなどの肌異常を感じたら使用をやめ、アロエのジェルなどを塗布して炎症を鎮めるのがおすすめの方法です。

 

ヒートスリム42℃は、仕事をしていても育児をしていても、寝ている時でも貼っていれば効果がグイグイ効いて燃焼の結果が見えてくるので自分のライフスタイルに合わせて使えるダイエットができるのです。

 

ヒートスリム42℃は貼るだけダイエットなのでシーンを選ばず、朝起きた時に貼って夕刻まで、昼に貼って夜まで、寝る前に貼って翌朝までとか活用できる場面は24時間様々で、キッイ運動のダイエットやお薬みたいに飲むダイエットと違いいつでもどこでも一日24時間の内の8時間だけを使って、おへその上に貼るだけで簡単ダイエットができました。

 

ヒートスリム42℃の詳しい使用方法は、お腹を包み込む大きさがある商品からフィルムを少しずつはがしながら肌に張り付かせて貼っていきます。

 

シートの真ん中が切り抜いてあるので、その部分がおへそにくるようにおへそが見えるように貼りましょう。

 

カプサイシンのパワーで身体の中から温かくなるまで少しの間待ちましょう。

 

貼り終えたら8時間そのままで自由に過ごすだけです。

 

温熱効果は8時間持続しますので8時間経過したらゆっくり剥がしてください。

 

ヒートスリム42℃は貼るだけでも良好な効果は得られますが、貼った状態でスポーツやジョギングなどの運動を取り入れるとさらに効果がプラスします。

 

ヒートスリム42℃は貼るだけのダイエットですからお腹に貼った状態で体を動かすことでダブルのダイエットを目指す事も可能です。

ヒートスリム42℃はカイロのように使用する事が出来る?

ヒートスリム42℃の形態は絆創膏(傷パッド)を大きくしたような形をしていて分類的には「温感ダイエットパッチ」というカテゴリーに分けられる貼るタイプです。

 

貼るタイプと言えば温熱ホットカイロと同じ形態をしています。

 

温熱ホットカイロやダイエットベルトなどを長期使用すると「低温やけど」の心配がありますがヒートスリム42℃は8時間貼りつけ使用しても心配はありません。

 

低温火傷は、外部からの熱が皮膚に接触したときに発生するもので体内から発熱をするヒートスリム42℃では「低温やけど」が起こることはないのです。

 

また同じく温熱ホットカイロなどの長期使用による「かぶれ」などの炎症の心配もいりません。

 

皮膚への刺激による違和感に対しては、ヒートスリム42℃で用いている素材の「TPEゲル」は溶剤を不使用の食品や衛生用品、医療用品などに多く使われている上質の素材を使っていますから・安全・安心して使用できるのです。

 

ヒートスリム42℃をお腹に貼って数分待つと徐々に感じてくる温かさは脂肪がメラメラと燃えていく証でダイエットしているという実感なのです。

 

ホットカイロの温熱効果は、韓国で根強い人気の約600年の伝統的な麻布を被って高温のドームに入り薬石を積んだドームの石から発せられる遠赤外線が身体の芯、内側から温める「汗燕幕」(ハンジュンマク)などの温熱スパとかエステでのホッイトゲルマッサージや遠赤外線ダイエットの外からの熱を応用したものと同じでありヒートスリム42℃の内側の芯から効いてくるのが含まれるカプサイシンの作用で脂肪を分解し熱を発生し脂肪を燃やし落としてゆくダイエット効果であり痩身スリムへの近道なのです。

 

結論として、ヒートスリム42℃はカイロのように安心・安全に使用する事が出来ると言うことです。

 

ヒートスリム42℃の口コミはこちら>